カッコいいだけじゃない!元カリモク営業マンが語るカリモク60 Kチェアのスゴイところ

プレーンテーブルは、実績のある元カリモク営業マンの店です。カリモク60のこと、なんでもご相談ください。

ご購入は、カリモク60正規販売店 Plain Tableショップページへ

ちょうどいいサイズ


家具を買って、部屋に入れたとき”大きかった”なんて事はありませんでしたか??
お店で見ると、大きく感じないのに・・・・

サイズ


一般的な2シーターは幅150cm程度のモノが多いのですが、Kチェア2シーターのサイズは幅133cm。

この差がお部屋に入れた時に出てくるんです!

カリモク60のソファやボードには脚がついていてお部屋での圧迫感が少なくなります。

Kチェアはアームの下が見通せるのでもっと圧迫感を少なくしてくれるんです。


ゆったり座れます   ゆったり座れます。
サイズはコンパクトでも、シート幅はゆったり。

2シーターはラブソファと言われる通りふたりで座ると
肩がくっついてしまいそうになるのが多いのですが・・・
Kチェアなら、これだけ余裕があります。
このサイズなのに、ふたりでくつろげるのはいいですね。

掛け心地。


Kチェアは座り心地も良いんです!
日本人の体型に合うよう、シートの奥行きが程よいので小柄な方も座りやすいです。
女性がシートに深く座っても、両足が床にきちんと付くので、とてもラクです。(↑の写真:女性モデル身長158cm)
クッションが少し硬めなのでおしりが沈み込みすぎず長い時間掛けても疲れにくいのもいいですね。


S字バネ   シートにはS字型をしたバネが使われています。
そのバネをあらかじめ山形に反らせて反発力や耐久性を高めています。
さらに、長くお使い頂けるよう2008年6月バネを太くするなどの改良されました。 デザインは40年以上前のものですがシートの中はずいぶん進化しているんですよ。

環境にやさしい。

Kチェアは組み立て式なので痛んだ部分をカンタンに交換することができます。
なので、ずっとつかえるのもいいところ。

捨ててしまわないのも環境にやさしいことですよね。


ラバートリー材   アームなどには、環境にやさしいラバートリー材をつかっています。

ラバートリー材とはゴムの木のことで、
ゴムの樹脂を採集したあと家具材として使っています。

ラバートリー材は約25年周期という短い周期で繰り返し栽培でき、
ずっと採取できることから環境にやさしい木と認識されてます。

環境にやさしい木でつくったKチェアをずっと使うのはエコなんです!

流行を追わない普遍的なデザインのKチェアならずっと使えますものね。


こんな理由からもカリモク60「Kチェア」が長くつくられているんです。

今回書いた事とKチェアのカッコよさ、それに国産ならではの品質がともなっているから、いままでもこれからもつくられていきます。

カリモク60「Kチェア」が、ただカッコいいだけじゃない事も知っていただけると嬉しいです。



カリモク60 Kチェア商品一覧 カリモク60 アフターサービス パーツ交換